読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UnityVR開発記

UnityによるVRの開発記録(主にUnity+SteamVR+HTC VIVE)

UnityによるSteamVR(HTC Vive)開発の基本

SteamVR Unity

UnityでHTC Viveの開発をしたいなら↓のリンクを見るのが一番早いと思います。

 Unity+HTC Vive開発メモ - フレームシンセシス

 と言ってしまうと、終わってしまうので多少、噛み砕いて説明します。

まず、UnityのAssetStoreからSteamVR Pluginをインポートして下さい。

 Asset Store - SteamVR Plugin

f:id:yamaga-syuumei:20160815221838p:plain

これです。

コレさえインポートしてしまえば、Unityで実行ボタンを押すだけで勝手にカメラがヘッドセットと同期してくれます。

簡単ですね?

実際に動かしてみたのがこちら。

f:id:yamaga-syuumei:20160815221448g:plain

実行するとHTC ViveがPCに繋いであれば勝手に起動します。

そして、ヘッドセットを動かしているのが上の動画です。

 

f:id:hououin-asuma:20160816212142p:plain

右側のHierarchyを見てもらえばわかりますが、カメラはデフォルトそのままです。

また、ProjectにもSteamVR Pluginsしか入っていません。

 

つまり、SteamVR Pluginsさえインポートしてしまえば、後は適当にオブジェクトを置くだけで、VR対応ソフトは作れてしまうのです。